各種規程の整備

社労士・行政書士事務所えみたす

各種規程の整備

就業規則・諸規定・36協定などの作成や見直し、届出

 

常時10人以上の労働者を雇用する企業は、就業規則を
定め、管轄の労働基準監督署に届け出たうえで、その内容を
労働者に周知しなければならない旨が定められています。

 

>労働関係の法規の頻繁な法改正

 

コンプライアンスへの意識の高まり

 

労使紛争・トラブルの増加

 

を背景に、最新の法令に則った就業規則や関連する諸規定の
整備が求められています。

 

起業に際して、または、社員が10人以上になったことを機に
新規に作成されるケースのほか、数年前に作成したままになって
しまっている就業規則の見直しをされる企業が増えています。

 

助成金の申請にあたって必要ということもありますが、昨今は、
これらの就業規則、諸規定を適切に整備することで、自社が
社員を大事にしていることを周知するツールとして有効に活用
している企業も見受けられるようになってきました。

 

自社のルールを明確に規定することで、企業と社員の信頼関係
が醸成され、社員は安心して長く働くことができます。企業にとって
は、この人材不足の時代の中、貴重な戦力である社員の流出を
防ぐことができます。

 

そのためには、他社の就業規則の社名だけを自社名に変えたり、
適当な雛型に社名だけ入力したものでは、有効な活用には至りません。
自社の実態と社員1人ひとりの働き方に目を向けた規定の整備が
図られなければなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム キリスト教会関係 社会保険 給与計算 各種規程 国際業務 お問合わせ 事務所概要 事務所ブログ