社労士・行政書士事務所えみたす

正しい社会保険・労働保険の手続き

迅速かつ正確な手続きで経営者様をサポートします

 

社労士・行政書士事務所えみたすでは、電子申請を導入し、迅速かつ正確な社会保険・労働保険の
手続きを行っています。

 

このようなお客様のお役に立ちます

・本業に専念したい
・煩わしい手続きは外部の専門家に任せたい
・自社に手続きができるスタッフがいない

 

ご提供している価値

◇煩雑な手続きを迅速かつ正確に完了することができます。

 

◇経営者様ご自身で手続きを行うこともできますが、申請書の書き方を一から調べ、行政機関に
 提出するのには、膨大な時間と労力を要します。
 ご依頼いただくことで、その時間と労力を本業に充てることができます。

 

◇昨今、企業の社会保険未加入が問題視されるようになってきています。行政機関によるチェック
 体制もますます厳しくなるようです。
 特に、建設業を営まれるお客様は、建設業許可を取得するにあたり、社会保険・労働保険への
 加入が必須となる傾向にあります。
 正確な手続きを行っていれば、行政機関による調査があっても、焦らず対応することができます。

 

◇社会保険・労働保険は、法律改正が多く、毎年のように変更があります。
 専門家にお任せすることで、最新の法改正に則った正しい手続きができ、コンプライアンスの面から見ても安心です。

 

ご提供しているサービス内容

◇社会保険・労働保険新規適用
 会社が新たに社会保険(健康保険・厚生年金)、労働保険(雇用保険、労災保険)に加入する
 手続きです。

 

◇資格取得届・資格喪失届・雇用保険の離職証明書
 従業員の方が入社、退社するときに必要な手続きです。健康保険証の発行や、年金の加入期間
 にかかわるほか、失業した際の給付にも直結する重要な手続きです。

 

◇月額変更届
 給与に変動があった場合に、正しい社会保険料を届け出る手続きです。会社や従業員の方が
 支払う社会保険料のほか、将来の年金額にもかかわってきます。

 

◇算定基礎届
 毎年7月に行う手続きで、社会保険に加入している事業所には6月に日本年金機構から書類が
 送られてきます。4月〜6月に支払った給与をもとに、正しい社会保険料を届け出る手続きです。

 

◇賞与支払届
 賞与を支払った際は、その額を届け出る手続きが必要です。

 

◇労働保険年度更新
 雇用保険と労災保険の保険料は、1年度(4月〜翌年3月)で計算し、支払います。
 そのため、年に1回、支払った給与を届け出る手続きがあります。

 

上記のほか、従業員の氏名や住所が変わった場合の各種変更届、出産や業務上のケガ・病気など
何かあったときの給付申請といったさまざまな手続きがあります。

 

当事務所では、各種手続きを経営者様に代わって行うサービスをご提供しています。

 

社会保険・労働保険手続きの関連情報

社会保険とは

「社会保険」という言葉には、広い意味と狭い意味の2通りの使われ方があります。広い意味の社会保険とは、健康保険・厚生年金保険・介護保険・労災保険・雇用保険のことを指します。狭い意味では、健康保険・厚生年金保険・介護保険を指し、労災保険・雇用保険のことを労働保険と呼んで使い分けます。社会保険も「保険」で...

≫続きを読む

 

健康保険について

健康保険は、医療に備えるものです。公的な医療保険には、「被用者保険」と「地域保険」があります。被用者保険が職場で加入するものであるのに対し、地域保険は地域住民が加入します。もう少し具体的に見ると、被用者保険には健康保険、共済組合、共済制度、船員保険があります。地域保険には、国民健康保険、後期高齢者医...

≫続きを読む

 

厚生年金保険について

公的な年金制度には厚生年金保険と国民年金があります。厚生年金は、おもに民間の会社で働く従業員を対象とした年金です。一方、国民年金は自営業の方や無職の方も含めて原則として20歳から60歳まで加入することが義務付けられていて、公的年金制度の土台となる、いわゆるセーフティネットの年金です。簡単に言うと、厚...

≫続きを読む

 

健康保険・厚生年金に加入する会社の条件(適用事業所)

一部の特例的な取扱いを除いて、一般的に健康保険と厚生年金保険は同時に加入することとなり、ほとんどの場合、関連する手続きも、健康保険と厚生年金を合わせて行います。ここでは、健康保険と厚生年金保険に同時に加入している一般的なケースについてご説明しています。健康保険・厚生年金保険に加入する会社のことを、「...

≫続きを読む

 

雇用保険について

雇用保険とは、名前のとおり、従業員の雇用に関連する給付を行う保険で、国が運営しています。以前は失業保険と呼ばれていたこともあり、働いていた人が失業したときにお金をもらえるものというイメージが根強いですが、それだけではありません。従業員の失業のほか、働き続けることが難しくなるような事由が起きたとき(加...

≫続きを読む

 

労災保険について

労災保険の正式名称は、労働者災害補償保険といいます。労災保険は、業務上や通勤途中の事故・災害によって、従業員がケガや病気をした際に、医療やお金の給付を受けることができるものです。また、障害が残ったり、介護が必要になったり、亡くなってしまったときの給付もあります。これにより、労働者・家族・遺族の生活を...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 社会保険 社労士料金表 国際業務 お問合わせ 事務所ブログ 社労士ブログ