柏市・流山市・野田市 人とお金の専門事務所

社会保険とは

社会保険とは

「社会保険」という言葉には、広い意味と狭い意味の2通りの使われ方があります。

 

広い意味の社会保険とは、健康保険・厚生年金保険・介護保険・労災保険・雇用保険のことを
指します。

 

狭い意味では、健康保険・厚生年金保険・介護保険を指し、労災保険・雇用保険のことを
労働保険と呼んで使い分けます。

 

社会保険も「保険」ですので、皆さんが「保険」と聞いてイメージされる民間の生命保険や
自動車保険などと、大枠は同じです。

 

生命保険や自動車保険は、保険に入り、保険料を払い、何か事故が起きたときに給付が
行われます。

 

社会保険は、日本の社会保障制度の1つで、医療、加齢、障害、死亡、介護、業務上のケガや
病気、失業といった事態に備えるものです。

 

このような事態に合った人や遺族が生活に困ることがないよう、労働者や国民、会社、国等が
保険料や負担金を出し合って、お金や治療を給付しています。

 

民間の保険と異なるのは、制度として強制加入を求め、保険に入る本人(被保険者といいます)
だけでなく、被保険者を雇う会社も保険料を負担する点です。また、国や地方公共団体も費用の
一部を負担する仕組みになっています。

関連ページ

健康保険について
健康保険について知りたい方は、こちらをお読みください。
厚生年金保険について
厚生年金保険について知りたい方は、こちらをお読みください。
健康保険・厚生年金に加入する会社の条件(適用事業所)
健康保険・厚生年金保険の適用事業所について知りたい方は、こちらをお読みください。
雇用保険について
雇用保険について知りたい方は、こちらをお読みください。
労災保険について
労災保険について知りたい方は、こちらをお読みください。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 社会保険 社労士料金表 国際業務 お問合わせ 事務所ブログ 社労士ブログ