従業員が退職したとき

従業員が退職したとき

従業員の方の退職にはさまざまな理由と事情があります。

 

退職される際には、その理由・事情に応じた適切な手続き
が必要です。

 

それまで自社の業務の担い手として活躍してくれた従業員が
次のステップに円滑に進むためにも退職の手続きを迅速かつ
正確に行うことが重要です。

 

関連ページ

社会保険労務士業務
社会保険労務士事務所えみたすでは、特定社会保険労務士として、労働保険・社会保険の手続き、就業規則などの諸規定の作成、人事労務に関するコンサルティングを行っています。
従業員を採用したとき
従業員を採用したときにしなければならない法定の手続きには下記のものがあります。
従業員に異動・変更があったとき
従業員の方の氏名や住所変更、育児休業取得や60歳到達など、さまざまな変更があった際にも、適宜手続きが必要です。
従業員が業務上の病気やケガをしたとき
仕事中または仕事を理由とする病気やケガをした従業員には、労災保険や年金における適切な手続きを行わなければなりません。

 
お問い合わせ