従業員を採用したとき

従業員を採用したとき

従業員を採用するには、面接や筆記試験などの採用選考に
多くの時間とマンパワーを要します。

 

ようやく採用に至る方とお会いでき嬉しい気持ちと、これから
一緒に働いていく楽しみと、わくわくした気持ちでいっぱいですが、
新しい方に活躍していただくためにも、法定の手続きを期日までに
行う必要があります。

 

 

従業員を採用したときの手続きには下記のものがあります。
(※適用除外の場合等、あてはまないケースもあります。)

 

 〇健康保険の被保険者になる手続き
  →健康保険被保険者資格取得届

 

 〇健康保険の被扶養者に関する手続き
  →健康保険被扶養者(異動)届

 

 〇厚生年金保険の被保険者になる手続き
  →厚生年金保険被保険者資格取得届

 

 〇雇用保険の被保険者になる手続き
  →雇用保険被保険者資格取得届

 

 

年金に関しては、下記の手続きが必要な場合があります。

 

 〇新しく従業員になる方が、年金手帳を紛失・き損しているとき
  →年金手帳再交付申請書

 

 〇新しく従業員になる方に、複数の基礎年金番号が付与されているとき
  →基礎年金番号重複取消届

 

 〇新しく従業員になる方の配偶者が、国民年金の第3号被保険者になるとき
  →国民年金第3号被保険者 資格取得・種別変更・種別確認(3号該当)、
   資格喪失・死亡、氏名・生年月日・性別変更(訂正)届

関連ページ

社会保険労務士業務
社会保険労務士事務所えみたすでは、特定社会保険労務士として、労働保険・社会保険の手続き、就業規則などの諸規定の作成、人事労務に関するコンサルティングを行っています。
従業員に異動・変更があったとき
従業員の方の氏名や住所変更、育児休業取得や60歳到達など、さまざまな変更があった際にも、適宜手続きが必要です。
従業員が業務上の病気やケガをしたとき
仕事中または仕事を理由とする病気やケガをした従業員には、労災保険や年金における適切な手続きを行わなければなりません。
従業員が退職したとき
社会保険労務士事務所えみたすでは、特定社会保険労務士として、労働保険・社会保険の手続き、就業規則などの諸規定の作成、人事労務に関するコンサルティングを行っています。

 
お問い合わせ