契約書のレビュー

契約書のレビュー

契約書のレビュー

私は、上場企業で契約書のレビュー(チェック業務)を数多くしておりました。

 

教会においても、契約を締結して契約書に押印するケースも多いかもしれません。
そんな時は、お気軽にご相談ください。

契約書の意味

よく、サラリーマン時代に「あの会社とは契約書を交わしているからもう大丈夫」ということばを聞きました。
しかし、契約書を結ぶことが目的ではなく、そこに何が書かれているかが問題です。

 

契約書が無くても契約は締結されます。
しかし、その場合、民法や商法が適用されます。

 

契約書を締結する意味は、契約の内容となっていることを文字で確認することです。
例えば「売買契約書」で言えば目的物(売買の対象)が何で、いくらで買って、お金をいつ払うか。
ということを通常記載します。

 

これが口約束ですと、売主は買主が「月末までに払う」といったと言っても買主は「いや、翌月15日に払うと言った」
など、言った言わないの争いになってしまいます。

 

これを避けることが契約書を作成する目的です。

 

また、後日争いになった時の証拠ともなります。

 

契約書の締結は慎重に行わなければなりません。

 

お困りの事がありましたらお気軽にご相談ください。

関連ページ

宗教法人設立
魅力あふれる企業、活力みなぎる職場創造で 働く1人ひとりを笑顔で満たします。
規則の変更
魅力あふれる企業、活力みなぎる職場創造で 働く1人ひとりを笑顔で満たします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム キリスト教会 国際業務 社会保険 建設業 採用 子育て お問合わせ 事務所ブログ